御入園おめでとうございます。 みなみ保育園に在学する園児の不慮の災害に備えて、独立行政法人日本スポーツ振興センター(以下「センター」といいます。)と災害共済給付契約を結んでいます。センターの災害共済給付は、保育園の管理下において園児が災害に遭った場合、その治療費や見舞金の給付を保護者の皆様に対して行う制度で、加入に際しては、あらかじめ保護者の皆様の同意の下に、園児の名簿を提出することになっています。加入は任意となっていますが、加入に同意くださる方は、下記の同意書に御記入の上、園長に提出してください。

1 給付の種類と内容 [災害共済給付の給付基準は、センター法施行令第 3 条によります。]

災害種類災害の範囲給付金額
負傷その原因である事由が園の管理下で生じたもので、療養に要する費用の額が 5,000 円以上のもの医療費
●医療保険並の療養に要する費用の額の 4/10(そのうち 1/10 は、療養に伴って要する費用として加算される分)。
ただし、高額療養費の対象となる場合は、自己負担額(所得区分により限度額が異なる。)に療養に要する費用の額の1/10を加算した額
●入院時食事療養費の標準負担額がある場合は、その額を加算した額
疾病・その原因である事由が園の管理下で生じたもので、療養に要する費用の額が5,000 円以上のもののうち、文部科学省令で定めているもの・給食等による中毒・ガス等による中毒・熱中症・溺水・異物の嚥下又は迷入による疾患・漆等による皮膚炎 ・外部衝撃等による疾病 ・負傷による疾病
障害学校の管理下の負傷及び疾病が治った後に残った障害障害見舞金 3,770 万円~82 万円 (通学中の災害は半額)
死亡学校の管理下において発生した事件に起因する死亡及び疾病に直接起因する死亡死亡見舞金 2,800 万円(通学中の災害は 1,400 万円)
突然死運動などの行為に起因する突然死死亡見舞金 2,800 万円 (通学中の災害は半額)
運動などの行為と関連のない突然死死亡見舞金 1,400 万円 (通学中の災害も同額)

なお、保育園の管理下とは、次の場合をいいます。
① 保育中 ② 園の指導計画に基づく園外活動中 ③ 通常の経路及び方法による通園中

2 給付基準

  • ① 同一の災害の負傷又は疾病についての医療費の支給は、初診から最長 10 年間行われます。
  • ② 災害共済給付を受ける権利は、その給付事由が生じた日から 2 年間行わないときは、時効によって消滅します。
  • ③ 損害賠償を受けたときや他の法令の規定による補償や給付(例えば、地方公共団体の条例等による乳幼児医療費助成制度・ひとり親家庭医療費助成制度)等を受けたときは、その価額の限度において、給付を行いません。
  • ④ 生活保護法による保護を受けている世帯に属する義務教育諸学校及び保育所等の児童生徒に係る災害については、医療費の給付は行いません。
  • ⑤ 高等学校の生徒及び高等専門学校の学生が自己の故意の犯罪行為により、又は故意に負傷し、疾病にかかり又 は死亡したときは、当該医療費、障害又は死亡に係る災害共済給付を行いません。 ⑥ 高等学校の生徒及び高等専門学校の学生が自己の重大な過失により、負傷し、疾病にかかり又は死亡したとき は、当該障害又は死亡に係る災害共済給付の一部を行わない場合があります。

「災害共済給付制度」のお知らせ

「災害共済給付制度」は、小学校、中学校、高等学校、高等専門学校、幼稚園、幼保連携型認定こども園及び保育所等(以下「学校」という。)の管理下で、児童、生徒、学生又は幼児(以下、「児童生徒等」という。)の災害(負傷、疾病、障害又は死亡)が発生したときに、災害共済給付(医療費、障害見舞金又は死亡見舞金の給付)を行う、国・学校の設置者・保護者の三者の負担による互助共済制度です。
この制度は、独立行政法人日本スポーツ振興センター法に基づく公的給付制度のため、次のような特色があります。

◆災害共済給付制度の特色◆

  • 低い掛金で、厚い給付が行われます。
  • 学校の責任の有無にかかわらず、給付の対象となります。
  • 学校の責任において提供した食物によるO-157等の食中毒、熱中症やいわゆる突然死も給付の対象となります。

加入手続きと共済掛金の額

災害共済給付への加入は、学校が保護者の同意を得た上で共済掛金を集め、学校の設置者が一括加入の手続をとります。翌年度からは、共済掛金を納めることで加入は継続されます。

◎平成28年度 共済掛け金の額

一般児童生徒等要保護児童生徒
315円(保育園負担額35円)35円(保育園負担額5円)

「東海地震注意情報」が発表された場合等の対応について

平成14年4月24日、名古屋市は地震防災対策強化地域に指定されました。
「東海地震注意情報」が発表されると、地震に備えた準備行動が開始され、警戒宣言が発令された場合は、公共交通機関が運行を中止し、一般道路の車両走行が制限されるなど、社会全体が地震発災に備える対応を求められます。
このため、保育園では「東海地震注意情報」が発表された段階から対応をとらせていただきます。

児童が登園前に「東海地震注意情報」が発表された場合(又は警戒宣言が発令された場合)、保育園は休園となります。
また、登園後に「東海地震注意情報」が発表された場合(又は警戒宣言が発令された場合)、通常の保育は中止となります。保育園では保護者のお迎えがあるまで児童をお預かりすることとなりますが、みなさまにはできる限り早いお迎えをお願いいたします。

※東海地震発生との関係についてしばらく様子を見ないと評価できない場合「東海地震観測情報」が発表されます。この段階では、保育園は通常通り保育を行いますが、「東海地震注意情報」の発表に備え、各自で情報収集をお願いたします。

「東海地震注意情報」とは

平成16年1月5日から運用が開始された、東海地震に関連する情報の一つで、「東海地震の前兆現象の可能性が高まったと認められた場合」に気象庁から発表されます。

警戒宣言とは

「2~3日(または数時間)以内にマグニチュード8程度の大地震が発生し、震度
6弱以上の揺れが発生するおそれがある。」場合に、地震による被害を軽減させる目的で内閣総理大臣が閣議にかけて発令するものです。


お子さんの薬は、本来は医師の指示に従って保護者の方に与えていただくものです。やむを得ない理由等で、保護者の方が来園して与えることが出来ない場合は、職員が代わって与えます。
その場合、以下の注意事項をお守り下さい。

  1. 薬は医師が処方したものに限ります。
  2. 薬の「連絡票」にはクラス、名前など、必要事項を記入してください。1回分の薬と「連絡票」を職員に手渡ししてください。記入漏れのある場合は、薬の使用を見合わせることがあります。
  3. 薬剤情報提供書を一緒に提出してください。
  4. 薬の袋にも名前を記入して下さい。
  5. その他、個別に事情がある場合は、園長にご相談ください。

※おねがい

  • 登園前に家庭で使用した薬(たとえば風邪薬、解熱剤、気管支拡張剤など)は、職員までお知らせください。

保育園に通園していることを医師に伝え
可能な薬ならば朝夕2回の処方にしていただくようにお願いします。
ご協力よろしくお願いします。


それまで元気だった赤ちゃんが、ある日突然死亡してしまう原因不明の病気です。元気だった赤ちゃんが突然死亡してしまうこの病気は、世界中にみられます。日本でも多くの赤ちゃんが命を落としていることを ご両親はもちろん赤ちゃんを取り巻く人々は、この病気のことを知っておいてください。

<SIDSの特徴>

★ほとんどが睡眠中(昼夜とわず)に起こります。
★亡くなる時は、声をあげたり、もがき苦しむこともなくスーと亡くなってしまいます。

<わかっていることは・・・>

  • ★生後2か月の赤ちゃん(4~6か月がピーク)から、2歳ころまで発病する可能があります。
  • ★日本では、出生6,000人~7,000人に1人がSIDSで亡くなっています。
  • また、新生児期を過ぎた乳児死亡原因の約25%がSIDSです。
  • ★遺伝するかは不明。原因も不明です。しかし、危険因子がほぼ明らかになりました。

<危険性を低くするための留意点>

  1. 赤ちゃんを寝かせるときは、あおむけ寝にしましょう。
  2. 妊娠中や赤ちゃんの周囲で、たばこは吸わないようにしましょう。これは身近な人の理解も大切ですので、日頃から協力を求めましょう。
  3. 母乳が赤ちゃんにとって良いことはよく知られています。母乳の出方には、個人差がありますが、母乳が出る場合には、できるだけ母乳で育てるようにしましょう。
  4. 暖めすぎない。タオルケットや布団を頭からかぶせたり厚着にさせないようにしましょう。
  • ※この病気は、いつどこで発病するのかわかりません。お預かりしている間に起こる可能性もあります。保育園では、うつぶせ寝は窒息を招く恐れがあるので、あおむけ寝か横向き寝にします。
  • ※睡眠チェックは、こまめに行い体調には注意して保育を行います。