病名・潜伏期主な症状登園停止期間注意事項
インフルエンザ
1-2日
突然の発熱・寒気・頭痛・関節痛・筋肉痛・咽頭痛など発症後5日を経過し、かつ解熱後3日を経過するまで気管支炎・肺炎を合併することあり
百日咳
7-14日
激しい咳の後、ヒューと内に引き込む特有の咳特有の咳が消失し、医師の登園許可が出るまで伝染力が強く、治療が困難必ず予防接種を受けましょう
麻疹(はしか)
10-20日
発熱・鼻水・咳などの風邪症状全身の発疹解熱後3日を経過し、発疹が消失医師の登園許可が出るまで気管支炎・肺炎・中耳炎・脳炎を合併することあり
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
14-20日
発熱・耳下腺の腫れと痛み耳下腺の腫れが消失し、医師の登園許可が出るまで髄膜炎・脳炎を合併することあり
風疹
14-21日
発熱・発疹・耳の後ろのリンパ節の腫れ発疹が消失し、医師の登園許可が出るまでまれに関節痛・紫斑病・脳炎を合併することあり
水痘(みずぼうそう)
14-21日
軽度の発熱・頭皮や全身に発疹赤い斑点⇒水泡⇒かさぶたすべての発疹がかさぶたになり、医師の登園許可が出るまで感染力が強くうつりやすい
とびひ
4-6日
豆粒大の水泡 かきこわしで大きくなり、化膿する膿泡が消失するまで皮膚が露出しないようにいて登園可能プールは禁止
咽頭結膜熱
5-7日
咽頭痛・結膜炎・発熱3症状そろうとは限らない(プール熱と呼ばれることが多い)主症状がなくなり、丸2日を経過するまで咽頭から2週間、便から4週間ウイルスが排出されるのでプールはその間禁止する(アデノウイルスなどが原因)
溶連菌感染症
2-5日
発熱・咽頭痛・苺舌・全身に細かい発赤疹抗菌剤内服後1日経過していること(継続治療していれば登園可)腎炎・紫斑病・リウマチ熱を合併することあり
手足口病
3-5日
手・足・口腔内に米粒くらいの水泡症状が回復し、医師の登園許可が出るまで口内炎で食欲が低下するので、口当たりがよく消化のよいものを与える
嘔吐下痢症
3-5日
発熱・嘔吐・下痢症状が回復し、医師の登園許可が出るまで脱水症状の出現に注意(ロタウイルスなどが原因)